胃・大腸内視鏡検査

胃大腸内視鏡検査

当クリニックが導入している新谷式内視鏡挿入法は、ほとんど苦痛の無い、しかも短時間で済みます。安心して検査が受けられます。

  • ストレスによる胃潰瘍・過敏性腸症候群など胃および腸の病気が年々増え続けています。
  • 胃がん:食欲不振、胃もたれ、吐き気などの症状があらわれたら、内視鏡検査をおすすめします。
  • 大腸がん:血便、下腹部痛、下痢、便が細くなるなどの症状がある方は大腸内視鏡検査をおすすめします。

 

胃内視鏡検査(=食道・胃・十二指腸内視鏡検査)

日本人は元々、欧米人に比べて、胃炎や胃がんの多い民族です。
症状が何も無くても、早期胃癌のある場合も多く認められるのが現状です。
しかし、早期胃癌であっても、その進行度によっては、内視鏡技術の進歩により、『内視鏡で胃癌を取り除くことができる』場合も多くなってきました。その為には、やはり『胃癌の早期発見』を行うしかないのです。

また、日本人に多い『高度な慢性胃炎』は、胃癌との深い関わりがあることが示唆されています。

1年に1回は、(特に、ご家族の方で胃癌の既往のある方は)内視鏡での胃のチェックをお勧めします。

 

大腸内視鏡検査(全大腸内視鏡検査)

現代社会の風潮として、食事の欧米化やあぶらの多い食事を多く摂り、牛乳・乳製品を過剰に摂取する傾向にあります。加えて、緑黄色野菜・海藻類や雑穀類の摂取量が非常に少ないのが現状です。

つまりは、大腸ポリープの発生の多い欧米人の食事習慣に似かよってきている為、近年、日本でも大腸ポリープの発生が多くなっています。

大腸ポリープの多くは、そのままにしておくとどんどん大きくなり、大きくなると一部分ガン化してくるものが多いのです。ポリープの段階では殆どといっていいほど、何の症状もありません。それがガン化して、急速に大きくなって、大腸をふさいで初めて、『便秘気味だ、通じが悪い』などの症状が出てきますが、そうなってはもう手遅れです。

また、若い方でも、大腸に特別な炎症をおこす病気(=炎症性腸疾患)が増加傾向にあり、便秘と下痢を繰り返したり、頻回に腸のいたみを感じるなどの症状が多く見られるようになってきました。

『便秘がちだ』 『よくおなかが痛くなる』 『下痢・軟便を繰り返す』 などの症状のある方、検診などで便潜血反応が陽性の方、また、過去に『ポリープがあった、ポリープを切り取った』などの既往なあるかたは、必ず全部の大腸をみる『全大腸内視鏡検査』で、今のご自分の腸の具合がどうなのかをしっかり調べることをお勧めします。

その上で、新谷博士の命名した『胃相・腸相』をしっかり把握して、「病気にならない為の食事健康法」を普段から実施していただければと考えます。